福岡で土地建物・マンションなど不動産をお持ちの方の相続をサポート

戸籍収集、相続関係説明図

 日本は戸籍制度が完備しており、亡くなった方の相続人が誰かという身分関係は、戸籍で証明することになります。

 亡くなった方(被相続人)の出生から死亡にいたるまでの記載がある戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍等を本籍地の市町村役場から取り寄せて、相続人の調査、確定をします。被相続人の相続人が、配偶者と子供だけでなく、先妻との子供や認知している子がいないかは、全て被相続人の出生から死亡にいたるまでの戸籍謄本、除籍謄本等を取り寄せて調べ、証明することになります。

相続人が確定しましたら、相続人を表した相続関係説明図作成を作成します。ほとんどの銀行や生命保険会社で提出が求められます。
【相続人及び相続財産確定の最新記事】
posted by fjo at 2016年12月22日 | Comment(0) | 相続人及び相続財産確定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

相続についてのご相談・お見積もりはコチラから

ページの
トップへ